間違いなく日本人の好きな味パダン料理

インドネシアのパダン料理を食べよう

インドネシア料理と言えばナシゴレンやサテーをまず思い浮かべますが、インドネシアのパダン料理が日本人の口に合って本当においしいので、インドネシアに来ることがあれば絶対に挑戦してほしい料理です。パダン料理屋は下の写真のようなとんがり屋根が目印です。

 

パダン料理のシステム

システムが面白くて、席に着いたらさっそく店員が料理をどんどん運んできます。机の上が料理でいっぱいになりますが、その中から食べたいものだけ選んで食べ、最後に手を付けた皿をカウントしてお会計をするシステムです。

初めて来たときは、勝手に料理持ってくるし量が半端ないしびっくりしました。いや、システム知らないと、びっくりしますよね(笑)

料金の表示がないので心配かもしれないですけど、庶民的な店で、肉、魚系は25,000rp~、野菜系は10,000rp~て感じだったかな??店のグレード、料理によって値段は全然違うので心配なら確認してみてください。

 

パダン料理はどんな味?

インドネシア風カレーといった感じで、ちょっと辛い物やココナッツミルクで味付けしてあったり何を選んでも基本おいしいです。ルンダンという牛肉を煮込んだものは特に人気でお勧めです。

オタックという牛の脳みそのカレーも定番であるので(すごくおいしいらしい)興味のある人は食べてみてください。

 

パダン料理は手で食べよう

料理が運ばれるときフィンガーボールも一緒に運ばれてきます。よくライム(ニピス)も一緒に入ってますが飲むための水じゃないので気を付けてください(笑)

というわけで、パダン料理は基本手で食べます。スプーンやフォークも置いてあるけど無粋なので手で食べるに限ります。いや、好きずきですけど(笑)

 

手で混ぜながら食べます。特に鶏肉料理とか骨もついてるので手じゃないと食べにくくてイライラします(笑)

インドネシア人の友人はみんな「手で食べたほうがおいしい」と言います。まだ手で食べたことない方はぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました