スリランカ5 キャンディから象の孤児院へ

象の孤児院という場所がスリランカのキャンディという町から40キロのピンナラワという所にあり人気の観光地の一つにになっています。具体的にローカルバスを使った行き方などを合わせて紹介していきます。

 

バスでの像の孤児院への行き方

バスはキャンディのセントラルバスターミナルからです。1本のバスで行けないのでカランドゥパナジャンクションで乗り換えです。そこまでは60ルピー。たくさんのバスがそこを通るようですが、ぼくはコロンボ行きのバスに乗り途中下車しました。乗り換えてから象の孤児院までは25ルピーです。

バスのチケット

 

乗り換えカランドゥパナジャンクションの場所

マップの位置です。降りた場所からちょっとだけ歩きます。

バス停の近くに小さなお店があったので水と豆のスナックを購入。

こんな感じの豆のスナックよく売ってるけど、割とはずれなくおいしい。20ルピー前後で安いし。

 

ジャンクションからのバスは満員でした。像の孤児院まで25ルピー。

 

像の孤児院の外国人料金

到着。早速見つけたのはForeign Ticket Counterの看板。ここも外国人料金があるようですね。

 

 

2500ルピー(約1900円)、高いけど仕方ない。日本の物価で考えたらこんなもんだし。(ここはスリランカだけど。)

その前にまずはトイレ、、、

 

 

TOTO ではなくOTTO 社製の便器でした。ロゴまでそっくり。

さて象を見に行こうと外に出ると早速像が散歩してます。テンション上がります。

 

たくさんの像が圧巻

 

そのまま象の水浴び場へ。こんなに沢山の象を1度に見たの初めて。すごい迫力。水で遊ぶ象を見てると飽きない。

 

ここ楽しいです。像の水浴びをを見てるだけだけど、ずっと見ていられる。

 

ぞうの水浴び良かった。あとは餌やりできるぽい場所があったけど今回はおそらく時間外でした。

ちょっとだけ周辺を散歩してキャンディーへ戻りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました