Roti’O (ロティ―オー)のパンが絶品

カフェ

インドネシアに人気のRoti’O(ロティ―オー)というパン屋があるので紹介します。どこに行ってもよく見かけ、ジャカルタのスカルノハッタ空港にも店舗があります。

 

Roti’O/ロティ―オー

ここの看板メニューは一種類のロティー(インドネシア語でパンの意味)だけなんですけど、これが絶品。絶対日本人が食べてもおいしいパンです。

ロティ―オーはインドネシアの会社なんですけど、ほかにも同じスタイルのお店でRoti boy(ロティ―ボーイ)があります。こちらは本社がマレーシア。ロティ―の味はどっちも似たようなもんです。

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

ロティ―オーのトレードマークはこのすっとぼけたおじさんです。パンの部分だけイラストでなく写真ってところもセンスを感じずにはいられません。

 

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

テイクアウトのパンだけ売る小型の店舗が多いですが、今回はドリンクメニューもあるちょっとしたカフェタイプの店舗に来ました。

 

看板メニューのロティ―が絶品

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

ロティ―を購入。1個10,000ルピア、約90円です。小腹がすいたら気軽に買えます。

 

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

 

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

見た目はこんな感じ上の茶色い部分はサクサクです。甘いけど、ちょっとコーヒーっぽい風味もあって香ばしくておいしいです。

パンはふわふわで、中からじゅわっとバターがでてきます。この塩分が上の甘い部分と絶妙なバランスです。おいしー。

 

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

この店舗はコーヒーもあります。のどが渇いてたので先に飲んじゃいました(笑)

 

店舗で手作り

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

そんなわけでお店でコーヒーを飲んでいたら、店員さんがパンを作り始めました。

後ろのラックからパンの生地を取り出して、

 

ロティ―ボーイ、ロティ―オー Roti’O

パンの上の部分をぐるぐる乗せ始めました。こうやって作るんですね。見てて見飽きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました