スナヤン名物サテタイチャンを食べに行こう

インドネシア料理

インドネシアのジャカルタでここ2~3年で急に人気となった、新しいサテー(焼き鳥)の定番サテタイチャン。今回はその元祖スナヤンエリアへ行ってきました。

人気のサテー、サテタイチャンとは

普通のサテーはは甘いピーナッツソースの味ですが、このサテーは塩とライムとサンバル(チリソース)で食べます。さっぱりしてるけどスパイシーでくせになる味です。

ところでインドネシアなのにこの日本人の名前っぽいネーミング。はい、日本人がかかわってます。

日本人の名前?サテタイチャンの名前の由来
ジャカルタで今人気のサテー サテーとはインドネシアの焼き鳥のことで、今ジャカルタで特に人気なのはサテタイチャン(sate taicahan)です。普通は甘いピーナッツソースの味ですが、このサテタイチャンは塩とライムとサンバル(チリソース)...

スナヤンサテタイチャン

屋台の出ている場所

場所はスナヤンシティーやプラザスナヤンの前から続く道、アジアアフリカ通(Jl. Asia Afrika)沿いです。下の地図の場所から、ホテルムリアのほうまで約400m、道沿いに屋台がずーっと並んでいます。

※アジア大会の時にアジアアフリカ通が整備、屋台が禁止となり、現在はスナヤンシティーの裏あたりのスペースに移動しています。

サテー、スナヤンサテタイチャン

時間は夜の9時から、深夜2時ごろまで営業しています。たくさんの屋台が並んでいるにもかかわらずどこもお客さんであふれています。人気の高さがうかがえます。

注文の仕方

サテー、スナヤンサテタイチャン

今回行ったお店はここ、Sate Thaican 87 Bang Ocitです。土曜日夜11時頃行きましたが、すごい人で注文してから20分以上待ちました。

注文は直接屋台のところへ行き本数を言います。そしてウェイティングリストに名前を書いてもらいます。あとは席に着き、他の屋台でココナッツジュースでも買って飲んで待ってましょう。

定期的にまだできてないか屋台へ確認しに行きましょう。忙しいので順番飛ばされたり忘れられたら大変です。ロントン(米を団子状にしたもの)は受け取るときに注文し、支払いもその時します。

サテー、スナヤンサテタイチャン

はい、これがサテタイチャンです。サテーにはすでにライムと塩の味がついてます。そしてサンバル(チリソース)をたっぷりつけていただきます。相変わらずいつもおいしいです。

インドネシア料理はこってりが多いですけど、これはどんどん食べれちゃいます。ロントン(米を団子状にしたもの)と一緒に食べるのが定番です。

今回3人で行って、サテー(Rp2500)30本とロントン(Rp10000)2つ食べてきました。値段は全部でRp95,000、約850円。安い!

ここは来るだけでお祭りみたいで楽しいですよ。おいしいし、安いしお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました