卵入りバソが絶品、ロッテ近くのローカルレストラン

インドネシア料理

お昼時は超満員、卵入りバソのおいしいローカルレストランを紹介します。

 

バクソ ソロ サムラット/Bakso Solo Samrat

バソとはバッソ、バクソなどとも呼ばれる、インドネシアの肉団子です。通常スープの中に入っていて、麵や野菜を入れたりして提供されます。

今回紹介するお店は以前紹介したベベックゴレンのお店の隣にあります。

こちらのリンクもどうぞ:ローカルレストランで絶品ベベックゴレン バソ、バクソ

お店はこんな感じです。わかりやすい看板が出てます。

 

バソ、バクソ

近くにオフィスが多いこともあってお昼時はいつも写真のように超満員です。人気のお店です。

場所は地図の場所。ロッテショッピングアベニューの近くです。

卵入りバソ

ここはバソ専門店ですが、バソの種類もいろいろあります。

  • 普通のバソ/ bakso biasa  Rp. 30000
  • 卵入り/ bakso puyuh Rp. 30000
  • 筋肉入り粗目のバソ/ bakso urat Rp. 30000
  • バソの中に違う食感の肉入り/ bakso daging Rp. 35000

そして、麺は卵麺かビーフンか選を選びます。

個人的にはバソにはビーフンが合うと思っているのですが、今回はお腹が空いていたので卵麺をチョイス。

バソ、バクソ

卵入りバソの到着です。巨大な揚げ物はクルプックパンシット。気づかないほど具がわずかに入った皮だけ巨大な餃子を、カリカリに揚げたものです。ほぼ食感を楽しむ食べ物ですね。

 

バソ、バクソ

このバソが絶品なんです。割ってみないと見た目は普通ですけど、中には卵が入っています。卵入りバソは食感もいいし、おいしい。お気に入りです。他の種類のバソもそれぞれ違ったおいしさがあるので、まあ、好みですけどね。

バソってモールとかで食べるよりローカルレストランや、カキリマ(屋台)で食べたほうが圧倒的においしいのなんででしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました