インドネシアのブレッドトークのパンがおすすめ!

カフェ

インドネシアのジャカルタでいつも行列の出来ているパン屋さん、ブレッドトーク(Bread Talk)を紹介します。シンガポール発のパン屋さんで、アジア各国に支店があります。中国、香港、タイ、そしてスリランカにまで出店してます。
インドネシアでは、J.COドーナッツや、美容院のJOHNNY ANDREANと同じ会社が運営しています。

 

インドネシアのブレッドトーク

このお店は人気のモールに行けば、だいたい入っています。お昼時や、夕方はいつもレジに行列ができているほど人気です。

 

ぼくのおすすめはこれ。アースクエイクチーズ(Earthquake Cheese)濃厚な食パンにチーズがたっぷり練りこんであります。買うと、切るかどうか聞いてくれるので、ぼくはいつもお店で切ってもらってます。24,500ルピア(約220円)です。

 

他にも手土産によさそうなお菓子も売ってます。

 

店員さんのお勧めパンを買ってみた

いつもチーズ入り食パンしか買わないので、店員さんにおすすめを聞いて買ってみました。

こんな袋に入れてくれます。

 

まずはこれ、ファイヤーフロス(Fire Floss)これがこのお店の看板商品、不動の人気No. 1 です。インドネシアのアボンを振りかけたパンです。、、アボンってふりかけみたいな、肉のうまみを閉じ込めて甘く味付けしたような感じのものです。

アボンがそんなに好きじゃないので、買ったことなかったんですが、意外とおいしい。さすが看板商品。

 

チョコラバ(Choco Lava)これは生地にもチョコが練りこんである、よくあるチョコパン。でも中にトロ――ッとしたチョコがたっぷり入ってます。9,000ルピア(80円)

 

ミートザチーズ(Meet The Cheese)。ネーミングセンスが、J.COドーナッツと同じですね(笑)さすが同じ会社。

こちらの記事もどうぞ:インドネシア発J.COドーナツ、おすすめはこれ!

このパンはおすすめ。チーズもケチャップの味も濃厚。こってり系のピザパンって感じです。今回買ったパンの中ではこれが一番おいしかった。でも、ブレッドトーク(Bread Talk)はどのパンも基本的においしいですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました