ジャカルタのすき家でチーズ牛丼コロッケセット

日本食

すき家の牛丼を食べて来たので紹介します。ジャカルタにも約10店舗展開しています。吉野家はすでに人気で約70店舗あるのに対し、ここは現在店舗拡大中といった感じです。

 

すき家セントラルパーク店

というわけでやってきました。

日本の吉野家式のカウンター席が少しあって、その奥にテーブル席があります。

場所はセントラルパークモールの地下一階。隣のモール、ネオソーホーに続く通路の途中にあります。

店内の様子はこんな感じです。シンプルな内装は好まれないので、壁は絵で埋めるのが定番のスタイルですね。

 

インドネシアではあまり見かけないピンポーーンが置いてあります。日本みたい。

 

日本より豊富なメニュー

*メニューはクリックで大きくなります

メニューの表紙です。右上に緑のハラルマークがついてます。日本のマンガ風の絵が描いてあるところが、インドネシアっぽさを感じます。

 

メインの牛丼並30,909ルピア(約280円)、大盛38,181ルピア(約340円)。チリがガッツリのったジャカルタ牛丼なるものがあります。ほかにチーズ牛丼、スパイシーマヨ、温玉など。

 

チキンカツ丼にカレーライス。両方とも39,090ルピア(約350円)。

 

ラーメンまであります。

 

定食セット和食膳。

 

単品メニュー。インドネシアのメニューはかなり豊富ですね。

 

チーズ牛丼実食!

という訳でチーズ牛丼のコロッケセットを注文しました。ドリンクとコロッケとみそ汁がついてきます。

こんな感じ。ちょっとコロッケの形がいびつな所がほほえましいです。

 

チーズ牛丼。味はなんか懐かしい感じでした。あー、すき家の牛丼ってこういう味だったなー、って感じです。コロッケもみそ汁もおいしかったですよ。

日本にいるときからほとんど吉野家でしか牛丼食べなかったけど、たまにはすき家もいいですね。

 

テーブルの上には調味料が用意してあります。醤油と、チリパウダーとチリソース。せっかくなので使ってみます。

 

こんな感じ。これは、、、まずいです。たぶん普通の市販のサンバル(チリソース)ですね。もっとごはんに合いそうなチリソースありそうなのに、、、。チリソースはかけないことをお勧めします。

 

値段は60,000ルピア(約540円)。吉野家より安い感じしますね。

こちらの記事もどうぞ:インドネシアの吉野家は何が違う??

コメント

タイトルとURLをコピーしました