インドネシアの大衆食堂でナシパダン

インドネシア料理

パダン料理はナシパダンとも呼ばれています。パダンはもともとスマトラ島にある町の名前でそこの料理なのですが、ジャカルタでも大衆食堂から高級店まで簡単に見つけることができ定番料理の一つです。高級店に入ると皿に盛られた料理がテーブルの上にどんどん運ばれ、手を付けた分だけ払うシステムなのですが、今回紹介するのは大衆食堂のお店です。注文の仕方から違いますがおいしい料理を安く食べることができます。
こちらの記事もどうぞ:間違いなく日本人の好きな味パダン料理

 

大衆食堂のナシパダン

ナシパダンのお店を見つけるのは簡単です。店頭から写真のように皿や大きなボールに盛り付けた料理が外に向けてディスプレーしてあります。ガラスにもMASAKAN PADANG(マサカンパダン=パダン料理)と書いてあります。

バットに入って並んでいる場合はおそらくワルトゥグと呼ばれるジャワ料理のお店でまた別の大衆食堂です。

 

パダン料理の注文方法

注文方法は、席に着く前に、入り口で直接注文します。料理名がわからないときは中に入れてもらって指差しでも大丈夫です。ただ、Otak(オタック)という牛の脳みそのカレーがだいたい定番で置いてあるので食べたくない人は気を付けてください。

料理を選び終わるとKuah(クア)?と聞かれます。クアは汁とかスープの意味で、ご飯に料理のスープをかけるか確認されてるのでYa(ヤア=はい)と答えておきましょう。

 

お店の中はこんな感じです。

 

ナシパダン

ナシパダンは基本的に手で食べる料理なのでフィンガーボールがテーブルに用意されます。手洗い場もちゃんとあります。

今回は2種類ルンダン(牛肉の煮込み料理)とテロン(なす)を選びました。今回のこのお店は、ジャックフルーツのカレーと唐辛子のカレー(サンバル)はサービスでついてくるのでごはんの他に計4品おかずあります。

個人的にナシパダンにはコカコーラの組み合わせが最高なのでいつもコカコーラを一緒に頼みます。それで金額は28,000ルピア(約230円)安い!おいしいし、日常使いにピッタリです。

コメント