インドネシア料理の味付けに必須の調味料5選

生活、文化

インドネシア料理っておいしいですよね!とは言っても多民族国家のインドネシア。各民族、地域によっていろいろな料理があって一概にこれって言いにくいですけど(笑)日本でも有名なナシゴレンや、インドネシアの焼き鳥サテーなんかがイメージしやすいですかね。

今回はインドネシア料理の味を日本でも楽しみたいという人のために日本でも買えるインドネシアの定番調味料を紹介していきます。

インドネシアの味付けに欠かせない基本調味料5選

今回紹介する5種は実際にインドネシアでいつも使われている調味料で、日本で言えば醤油、酒、みりん的なものです。ナシゴレンの素とかルンダンのスパイスセットとかじゃないのでちょっと地味なんですけど(笑)これを使えば一気にインドネシアの味に近づくこと間違いなしです。利用の仕方など合わせて紹介していきます。

マサコのチキンスープ

まずはこれがないとインドネシア料理は始まりません。マサコのチキンスープ。 味の素の商品で現地ではライバルブランドのロイコと人気を2分しています。

スープを作るときも、肉や魚の下味も、炒め物の味付けするときもまずはこれ。屋台で買ってきた料理の味が薄い時もこれを振りかければあら不思議!!何にでも使える万能調味料です。

ただ日本のだしやチキンスープと違いしっかり味が付いています。入れすぎると塩からくなるので注意が必要です。Masako インドネシア万能調味料 鶏肉味 100g 【 BALI アジアン料理 調味料 スパイス 】 [並行輸入品]

味の素

日本発のうま味調味料、味の素もインドネシア料理に欠かせません。商品画像は日本の味の素ですが、、、。

使い方は、最初に紹介したマサコのチキンスープにさらに味の素と塩を少し加え味を調えればインドネシア風の味付けになります。さらにケチャップマニスとサンバルを忘れずに。

ぼくは個人的には塩からいの好きじゃないのでマサコと味の素だけで味を付け、塩は入れません。

その他、基本の食材等は後程紹介していきます。

味の素 アジパンダ 70g 瓶

ケチャプマニス

ナシゴレンや、サテーなどの特徴的な甘―――い味を作っているのがこれ。ケチャップマニスです。醤油のようにサラサラの液体状ではなくとろみがあります。始めて直接舐めたときは黒豆の甘煮の味を思い出しました。そんな感じの風味です(笑)

Bango というメーカのがよく知られていますが、日本ではABCの製品が手に入りやすいですね。もちろんこちらも超大手です。

調理時にも加えますが、出来上がった料理やサンバル(チリソース)にさらにかけて食べます。ご飯、揚げ物、スープまで何にでも使えます。

ただあまりだくだくにかけるよりは全体に薄くかける感じです。今回紹介する中で一番わかりやすいインドネシア的な味の調味料です。

ABC ケチャップマニス

ABCサンバルアスリ

ABCサンバルアスリ。これも抜きではインドネシアの調味料は欠かせませんね。

アスリというのは名前ではなくオリジナルという意味のインドネシア語です。ほかにもサンバルスーパープダス(激辛という意味)がこれと並んで売られています。

これも各種料理、スープや麺物までなんにでもかけて食べます。インドネシアのファストフード店ではフライドポテトにつけるサンバルはセルフでかけ放題です。トマトケチャップの代わりにこれをかけるだけでインドネシアの味に早変わり!!

ABC サンバルアスリ 335ml (HALAL ハラル 認定商品 インドネシア 激辛チリソース)

ABCテラシ

テラシはちょっとマニアックな調味料なんですが、特にインドネシアの手作りサンバル(チリソース)に欠かせない調味料です。えびを発酵させたもので独特の匂いがあります。使用前は直火であぶるなど熱を加えてから使用します。

使う料理は限られますが、手作りサンバル以外にもナシゴレンや、空心菜の炒め物(チャーカンクン)などに入れたりもできます。

ABC インドネシア調味料 テラシ Terasi Udang 使い切りタイプ 4.2g×20個 【 BALI インドネシア アジアン料理 海老 エビ ウダン ペースト サンバル ソースに使う調味料 香辛料 スパイス ハーブ 】[並行輸入品]

インドネシアの味を再現!

今回は基本の調味料を紹介しました。今回の調味料を総動員すれば簡単にインドネシアの味を再現できます。

調味料的に必ず使われる野菜は

  • ニンニク(バワンプティ)
  • エシャロット(赤い子玉ねぎ-バワンメラ)
  • トマト
  • チリ

この4つの食材を細かく切り炒め、今回紹介した調味料(テラシはお好みで)で味付けしていけば立派なインドネシア料理です。

たまごを入れればテロールダダール(インドネシア風オムレツ)、空心菜を使えば(チャーカンクン)が簡単にできます。

また次回、各料理に特化したスパイスや調味料を紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました