インドネシアの温野菜でしゃぶしゃぶ食べ放題

日本食

インドネシアでもしゃぶしゃぶは人気があり広く知られています。1番知名度のあるハナマサや、最近ではしゃぶ里と言ったしゃぶしゃぶレストランが人気で多くのモールに出店しています。いずれも食べ放題のお店で値段は少し高いけどお腹いっぱい食べられるということで人気があります。

ジャカルタの温野菜でしゃぶしゃぶ

牛角と同じ会社が運営するしゃぶしゃぶレストラン温野菜も後発ですがジャカルタと郊外に出店しており4店舗展開しています。

  • イオンモールBSDシティ (タンゲラン)
  • ダウンタウンスマレコンブカシ
  • イオンモール(東ジャカルタ)
  • PIKアベニュー

今回はブカシの店舗に来ました。

温野菜のメニューと値段

メニューは3種類あり、選べる肉の種類とサイドメニューが違ってきます。上のメニューを参考にしてください。

  • STANDARD BEEF PACKAGE 168,000ルピア(約1,350円)
  • ON-YASAI BEEF PACKAGE 238,000ルピア(約1,950円)
  • WAGYU BEEF PACKAGE  348,000ルピア(約2,790円)

子供料金もあるので家族で行っても安心です。。

日本の温野菜と違い、小さい鍋の一人しゃぶしゃぶのスタイルです。だしはメニューにある6種類の中から選びます。店員さんに聞いたらおすすめはゴールデンスープかトムヤムだそうです。ぼくは今回スタンダードビーフパケッジをゴールデンスープで注文しました。

スタンダードビーフパケッジ

選べる肉は2種類。左の赤みの肉と右の脂身の入った肉。個人的には右のほうが好きです。

他にもせっかくなので色々注文してみました。イカ、白身魚、肉すし、焼き鳥塩、焼き鳥タレ。これは全部日本人の味覚には合わないと思います。イカは別に普通ですけど、しゃぶしゃぶで食べる必要はないかなーっと個人的には思います。

豊富なビュッフェメニュー

ビュッフェメニューは豊富に揃っていて野菜やきのこ類をたっぷり食べることができます。うれしーー!!他にもフルーツや揚げ物などもありどれも美味しくっ大満足です。もっと店舗が増えればいいのにって思います。温野菜おすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました